SnowMan 2ndアルバム発売情報はコチラ!

松村北斗と黒木華の映画は何?岩井俊二監督の作品は本当か調査!

Pocket

松村北斗と黒木華の映画は何?岩井俊二監督の作品は本当か調査!と題してお送りしていきます。

2022年4月25日にSixTONESの松村北斗くんと、女優の黒木華さんの撮影目撃情報がありました!

映画なのか?ドラマなのか?いつ公開になるのか?ファンの方は気になりますよね。

そこで今日は松村北斗と黒木華の映画は何?岩井俊二監督の作品は本当か調査!と題して、撮影があった作品が何なのか調査していきます!

松村北斗くんはドラマや映画に次々と出演していて、すごいですね!次の作品も待ち遠しい!

 

目次

松村北斗と黒木華の映画は何?

2022年4月25日に大阪府藤井寺市で、松村北斗くんと黒木華さんの撮影目撃情報がありました!

大阪府藤井寺市は人口6万人ほどの小さな市で、百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群が世界遺産に登録されたことで有名です。

松村北斗さんと黒木華さんが目撃された場所は、市内にある道明寺駅です。

駅でどんなシーンの撮影をしていのでしょうか。

また、この藤井寺市は過去に藤井寺一番街商店街が「明日になれば」という映画のロケ地になったこともあります。

ロケに使われたことのある藤井寺一番商店街↓

昭和の雰囲気のある、レトロな商店街ですよね!

新しい情報が入り次第追記していきます!

 

エキストラの募集をしていた!

松村北斗くんと黒木華さんの映画が何か調べていくと、藤井寺市で映画のエキストラを募集していたことがわかりました!

藤井寺市で、頻繁に撮影が行われているというわけでもなさそうなので、この時期にたまたま他の作品のエキストラを募集していたとは考えにくいです。

松村北斗くんと黒木華さんの目撃情報はこのエキストラを募集していた作品の撮影でほぼ確定なのではないでしょうか?

エキストラの役はテストを受ける高校生、通行人、カフェの客、学校の先生

だったようです。

また、藤井寺市の隣の柏原市でもボランティアを募集していました!

同じ映画と思われるので、松村北斗くんと黒木華さんは柏原市でも撮影していたんですね!

 

監督は岩井俊二?

気になる映画の内容ですが、エキストラ募集の文をよく読んでみると、「岩井俊二監督」とあります!

岩井俊二監督といえば、日本を代表する名監督です。

 

岩井 俊二
1988年より多方面の映像世界で活動を続け、その独特な映像は”岩井美学”と称され注目を浴び
2012年、東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を作詞。
主な監督作品に『Love Letter』『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』『ラストレター』などがある。国内外問わず、映画監督・小説家・音楽家など多彩なジャンルで活動し続けている。

私も岩井俊二監督の作品をいくつか見たことがありますが、すごく静かな雰囲気で、映像がとてもきれいなイメージがあります。

松村北斗くんの持つ、(だまっていれば 笑)寡黙でミステリアスな雰囲気が岩井俊二監督の作品にあっているなーと感じます!

実は松村北斗くんは、雑誌のインタビューで、一緒に仕事をしてみたい監督として、岩井俊二監督の名前をあげていたことがありました!

ついにその夢を実現させたこといなるんですねー!すごいです!

 

黒木華って?

今回松村北斗くんと一緒に目撃情報のあった黒木華さんですが、どんな女優さんなんでしょうか?

実は黒木華さんは若干32歳にして日本アカデミー賞最優秀助演女優賞に3度も輝いたことのある、実力派女優です。

黒木華さん日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞作品↓

  • 2014 小さいおうち
  • 2015 母と暮らせば
  • 2020 浅田家

嵐の二宮和也さんとも何度も夫婦役を演じていて、お互いに絶大な信頼をおいているのは嵐ファンには有名な話です。

そんな女優さんと松村北斗君は恋仲を演じることになるのでしょうか?

楽しみで仕方ありませんね!

 

Twitterの声は?

松村北斗くんと黒木華さんの撮影目撃情報を受けて、ツイッターでは作品を楽しみにする声が上がっていました!

 

https://twitter.com/tiara__xxxxxx/status/1518765680765829121

https://twitter.com/hk__r99/status/1518621769237954561

 

松村北斗と黒木華の映画は何?岩井俊二監督の作品は本当か調査!

松村北斗と黒木華の映画は何?岩井俊二監督の作品は本当か調査!と題してお送りしてきました。

新しい情報が入り次第追記していきます!

松村北斗と黒木華の映画は何?岩井俊二監督の作品は本当か調査!をお読み下さりありがとうございました!

目次